産後うつについて学ぶときにチェックしておくべきポイントを紹介

対応してもらう

産後うつへの対応等について

産後うつの症状では産後から数週間や数ヶ月の期間に気分が沈むようになったり夜に眠ることがあまりできなくなったり、不安感等を持つようになったりすることがあります。こうした症状が続くようになると、産後うつの初期の症状になっている場合があります。このケースでは夫との関わりが重要になってくるので、夫は妻との言動等に気を使うようにして対応することにより、産後うつの症状の悪化を防ぐことができるようになります。夫がしっかりと妻の話しを聞いたりあまり頑張り過ぎないよう会話をすることで、この産後うつを防ぐことができます。普段のコミュニケーションから少しの注意をすることで、夫婦の関係を良く保つことができる利点があります。

現在での治療等について

この産後うつの症状では、夫婦でしっかりと話をしたりして周囲の方々に相談等をしてみることが第一になります。また一人で抱え込むことは避けるようにして周りに話すことが重要になりますが、なるべく無理をしないで休み等をしっかりとることは必要不可欠になります。現在の産後うつの症状では心療内科等に行き専門医に診てもらう方法があります。心療内科や精神科での治療では、カウンセリングにて悩みについて相談をして精神の安定を図るようになります。また主治医とよく相談をしてから投薬による治療をする方法があります。このような産後うつの治療をする際には、本人が頑張り過ぎないよう夫や家族等の周りがサポートをすることが大事になります。